診療科紹介  診療科一覧

リハビリテーション科

マップを見る

〈診療受付時間〉月~金 8:30 ~ 10:30

診療内容  部門紹介

【理学療法 (PT:physical Therapy)】

運動療法や物理療法を用いて、関節や筋肉などの機能の改善をはかり、寝返る、起きる、座る、立つといった基本的な動作から、車椅子へ乗り移る、歩く、階段昇降といった日常生活動作の練習、指導などを中心におこないます。

当科基本方針にも掲げている早期離床を第一に考え、病棟担当制を導入し、術前からの理学療法や、入院初期からの理学療法の介入に積極的に取り組んでいます。また、各病棟とのカンファレンスをおこない、患者さんの持っている能力が病棟での生活に反映され、運動機能や動作能力を改善または維持したまま退院していただけるように他部門との連携にも力を入れています。また、前十字靭帯関節鏡視下術後の理学療法においても当院独自のプロトコールを用い、早期の日常生活やスポーツ復帰にむけた援助をおこなっております。

外来でのスポーツリハ、褥瘡回診、NST活動への参加、排尿ケアチームへの参加、入院・外来での糖尿病教室や入院患者さんへの運動療法指導にも取り組んでいます。

~主な対象疾患~
大腿骨近位部骨折、脊椎圧迫骨折、前十字靭帯関節鏡視下術後、変形性股・膝関節症、その他下肢・体幹の整形外科疾患、脳血管疾患、神経筋疾患、呼吸・循環器疾患、外科術後(開腹)、廃用症候群、糖尿病、スポーツ障害 など


【作業療法 (OT:Occupational Therapy)】

食事・トイレ・着替えなどの身の回りの動作の自立を目指して、障害の機能回復のみではなく残された機能を最大限活用しながら動作練習をおこないます。身体機能の向上と日常生活に即した動作の獲得に加え、退院後の生活を想定した実践的な動作を実施するための支援をいたします。
 当院から自宅へ退院される患者さんにおいては、必要に応じて、リハビリスタッフが退院前に自宅へ訪問いたします。実際に生活される環境で転倒の危険性を評価して、安全に生活することができるように住まいの環境調整を積極的におこなっています。
以下のように、各疾患に対するリハビリや活動にも力を注いでいます。
〇肩腱板関節鏡視下術後
 肩腱板断裂の関節鏡視下手術(特にARCR)の後療法では、当院独自のプロトコールを用い、術後翌日から積極的に可動域訓練を実施しています。また肩の専門医と勉強会を定期的(1~2回/月)におこなっており、スタッフの知識・技術の向上とチーム医療の促進を図っています。
〇緩和ケア
 緩和ケアチームの一員として、対象の患者さんのリハビリを実施しています。終末期患者さんの移動動作の獲得やQOL(生活の質)の向上などを目的に介入しています。自宅に退院される際には、快適な生活を過ごすことができるように、チームで支援をおこなっています。
〇あいちゃんカフェ(認知症カフェ)
 認知症認定看護師、介護士、医療ソーシャルワーカー、ケアマネジャーとともに、地域住民を対象とした認知症カフェを月に1回実施しております。認知症に関するミニ講義や認知症予防体操などを担当し、多職種と連携しながら地域住民とのコミュニケーションの場づくりをおこなっています。

~主な対象疾患~
脳血管疾患、神経筋疾患、肩腱板関節鏡視下術後・その他の上肢・手指の整形外科患、外科術後(開腹・開胸・乳癌術後)、廃用症候群、終末期癌(緩和ケア対象)、大腿骨近位部骨折、認知症 など


【言語療法 (ST:Speech Therapy)】

脳の損傷により言葉が上手に出てこない、人の会話が理解できない、発声が難しいなどの症状に対して専門的な検査を行い、障害された機能を可能な限り改善し、残された機能を利用してコミュニケーション能力を向上させるための訓練をおこないます。

摂食・嚥下障害の場合も可能な限り早期から評価・訓練を行い、患者さんの「食べたい」気持ちに答えられるよう支援しています。

院内外の勉強会やNSTにも積極的に参加し、摂食・嚥下の啓蒙活動にも取り組んでいます。

~主な対象疾患~
脳血管疾患、神経筋疾患、誤嚥性肺炎、廃用症候群 など

受診方法

【外来診療】
診療方法:必ず当院の医師による診察が必要となります。医師の判断でリハビリ処方が出された場合にリハビリが開始となります。
曜日:月~金曜日(祝日はお休み)
受付時間:8:30~10:30
診療時間:9:00~12:00

※ スポーツ外来は午後も対応いたします。

【訪問リハビリテーション】※平成28年6月1日開設
◇サービス提供方法: ケアマネージャーを介してご依頼ください。
営業時間: 8:30~17:00(9:00~17:00) ※( )内はサービスをご利用できる時間
定休日: 土曜日、日曜・祝日、12月30日~1月3日まで休み
サービス提供地域: *北区全域
*東区(白壁、芳野、赤塚町、大曽根、東大曽根、徳川、山口町、徳川町、明倫町、新出来、出来町、古出来、矢田南、矢田町、矢田、大幸、大幸南)
*西区(稲生町、桝形町、庄内通、江向町、又穂町、香呑町、貝田町、天塚町、城北町、浄心本通、上名古屋、城西、数寄屋町、堀端町、田幡町)
*守山区(町南、町北、守山、市場、鳥羽見、守牧町、新守山、金屋、永森町、大永寺町、鳥神町、新守西、幸心、瀬古東、川西、瀬古、川宮町、西川原町、川北町、川村町、森宮町、村合町)
*春日井市(御幸町、追進町、勝川町、勝川町西、南花長町、二子町、中新町、長塚町)

実績
診療実績

【診療実績】

●2017年
 新規 入院患者数 1,937人
 新規 外来患者数 381人
 施行単位数 脳血管 17,420単位
 施行単位数 運動器 77,021単位
 施行単位数 呼吸器 18,816単位
 施行単位数 廃用症候群 2,366単位
 施行単位数 がんリハ 4,763単位
 施行単位数 合計 120,386単位
 リハ対象者平均在院日数 32.5日
 リハ開始時 Barthel Index 32.4点
 リハ終了時 Barthel Index 60.3点

●入院・外来 区分別総単位数
※平成26年度~平成29年度の区分別総単位数(外来、入院)
rihabiriH26-29.jpg

内科

外科

小児科

産婦人科

耳鼻いんこう科

物忘れ評価外来

眼科

リハビリテーション科

ページトップへ戻る