診療科紹介  診療科一覧

外科

マップを見る

〈診療受付時間〉月~金・土 8:30 ~ 11:45
※受付時間以外の午前診療の初診受付時間は午前11時30分までとなっております。

診療内容

胃がん・大腸がんをはじめとした消化管・肝胆道の良性および悪性疾患など多岐にわたる手術を対象としており、外来での検査・説明から入院、手術、術後のリハビリ、退院後の外来フォローまで、基本的に主治医が一貫して担当し、患者さんに安心していただけるような丁寧な診察をこころがけております。クリニカルパスを導入していますので、入院後の治療経過の目安をわかりやすくご説明いたします。

対象疾患・治療法

傷が小さく体にやさしい手術として、最先端の設備を使用しての腹腔鏡手術も積極的に行っています。胆石症はもちろん、胃がん・大腸がんや憩室症、捻転など、いろいろな疾患が適応となりますので、ご希望の方はお気軽にお尋ねください。
術後の回復が早く、高齢の方でも体の負担が比較的少ないため、早くもとの暮らしに戻っていただけるようです。手術のみでなく、化学療法につきましても外来と病棟が連携し、なるべく患者さんやご家族の負担を軽くするような体制を整えて、主治医・スタッフとともに病気と取り組んでいただけるよう努力しております。

実績
診療実績

2013年1月から12月までの1年間の全麻手術件数は乳癌と甲状腺手術も含めて701件でした。以下が主な術式の手術件数です。

●2014年
 年間 外来延べ患者数 6,544人
 年間 新入院患者数 477人

●2013年
 年間 外来延べ患者数 13,403人
 年間 新入院患者数 859人

●2012年
 年間 外来延べ患者数 15,068人
 年間 新入院患者数 842人

診療実績

手術実績

●2015年手術実績
・鼠径ヘルニア手術 41件
・腹腔鏡下胆嚢摘出術41
・結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 27件
・直腸切除・切断術 22件
・虫垂切除術 19件
・胆嚢摘出術 13件
・経皮的胆管ドレナージ術 9件
・胃全摘術(悪性腫瘍手術) 8件
・腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 6件
・急性汎発性腹膜炎手術 5件
・腹腔鏡下胃切除術(悪性腫瘍手術) 4件
・痔核手術 3件
・小腸切除術(悪性腫瘍手術) 3件
・大腿ヘルニア手術 3件
・直腸脱手術(経会陰) 3件
・肝切除術(部分切除) 3件
・肛門ポリープ切除術 3件
・膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術) 3件
・胃切除術(悪性腫瘍手術) 2件
・胃縫合術(大網充填術又は被覆術を含む) 2件
・胆管切開結石摘出術(胆嚢摘出を含む) 2件
・腸管癒着症手術 2件

●2014年活動実績
全麻手術件数は303件でした。2013年(317件)と比較し若干全麻件数は減少してしまいました。
以下に主な術式の手術件数を示します。

・開腹虫垂切除 24件
・腹腔鏡下虫垂切除 3件
・ヘルニア手術 51件
・痔手術 3件
・腹膜炎手術 7件
・開腹胆嚢摘出術 4件
・腹腔鏡下胆嚢摘出術 36件
・開腹総胆管切石術 6件
・開腹胃切除 5件
・開腹胃全摘 8件
・腹腔鏡下胃切除 3件
・腸閉塞・小腸手術 29件
・直腸前方切除 23件
・腹会陰式直腸切断術 2件
・開腹結腸切除 26件
・腹腔鏡下結腸切除 6件
・腹腔鏡下直腸切除 3件
・腹腔鏡下尿膜管切除 1件
・膵切除 6件
・肝切除 4件
・食道手術 1件
・胸腔鏡下肺切除 4件
・血管手術 10件

専門外来

主に大腸癌の疑いのある方を診察しています。
他の病院で大腸癌と診断された方のセカンドオピニオン提供も歓迎します。

受診方法

当科を受診される患者さんの多くは内科や開業医の先生が外科的治療が必要であるとの診断をしてからの紹介ですが、もちろん、直接来院される方も結構いらっしゃいます。しこりやおでき、お尻や肛門が痛んだり腫れたりする症状、足の付け根のふくらみや痛みなどでお悩みの方はお気軽に受診してください。
毎週水・木・金曜の外来は女性医師も担当していますので、男性医師には診せづらいご相談の場合は、外科受付でお申し出いただければ、初診でも女性医師にての診察を選択していただけます。

内科

外科

小児科

産婦人科

耳鼻いんこう科

物忘れ評価外来

眼科

リハビリテーション科

ページトップへ戻る