採用情報

臨床研修医について

先輩研修医の声

ジュニアレジデント 1年次清水 貴洋

研修医1年目の清水です。研修生活も半年が過ぎましたが充実した日々を過ごしています。当院は名古屋の研修病院の中では大きくない病院ですが多くの診療科、様々な症例があり多くの手技を経験することができます。私も中心静脈カテーテル挿入、胸腔ドレナージ、腰椎穿刺などの手技を経験しました。救急当直は1年目月2回からですが、やろうと思えばより多く行うことが可能です。救急では研修医がファーストタッチを行いますが当直医が一緒に診てその場で直接指導をしていただけます。研修医専用の当直室があるため患者さんが来ていないときはしっかりと体を休めることができます。

当院は二次救急病院なので重症の患者さんを診る機会は少ないですが、内科研修中に一般内科外来をやらせていただけるのでcommon diseaseは数多く経験することができます。
当院の研修をこのメッセージだけで伝えることは難しいので興味を持った方は是非1度見学に来ていただけると嬉しいです。心よりお待ちしております。

《参考》 研修医出身大学:愛知医科大学、岩手医科大学、金沢医科大学、岐阜大学、群馬大学、順天堂大学、東海大学、名古屋大学、福井大学、藤田保健衛生大学、三重大学など(五十音順)

ページトップへ戻る