施設・設備・体制

乳腺センター

乳腺センターの役割

乳腺センターの役割

2013年3月に乳腺センターを開設し、乳がんをはじめとする乳腺のさまざまな病気の診断と治療に当たっています。

乳がん診療について

マンモグラフィー(乳房X腺撮影)と乳房超音波検査を基本とした検診を毎日行っております。検査はすべて女性技師が担当しております。各検査は、すべて乳腺センター内で可能です。

乳がん検診について

医学的根拠に基づき、ガイドラインに沿った標準的治療をベースに、個々の患者さんの希望に沿った最善で最良の診療を行っています。マンモトーム生検や最新のCT・MRIを用いて徹底した術前診断を行っています。治療は外科治療、薬物治療、放射線治療3つを基軸に行っていきます。外科治療は、年間約100例の乳癌手術を行っております。乳癌の薬物治療は、内分泌療法(ホルモン療法)、化学療法(抗がん剤治療)、分子標的薬治療があります。抗がん剤治療に関しては、安心して治療が受けられるよう外来化学療法室にて専任の看護師がサポートしております。

乳がん・子宮がん検診の予約はコチラ

設備
マンモトーム

乳ガンの早期発見・早期治療が肝要であることは言うまでもありません。このような状況下で、特に非浸潤性乳管癌の診断が重要視されていますが、その確定診断を得るための一つの手段がマンモトームです。

デジタルマンモグラフィ

乳房専用のエックス線撮影検査装置です。現在、乳房の腫瘍、及びガン細胞周辺の石灰化を検出する最も有力な検査方法で、検診では視触診や超音波検査などと併用して行います。

乳腺エコー検査室

胎児診断などで知られる超音波検査も乳がん検査において有用です。人体には非侵襲性の超音波を利用し、ベッドに横になって専用ゼリーを付けて行います。マンモグラフィと併用することにより、より検査精度が上がり、また、マンモグラフィでわかりにくい小さい腫瘤を見つけてくれることもあります

受付・待合室
ページトップへ戻る